Slow life, Perth life
by shania2004
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
::: もち米粉でつくる白玉風おだんご :::

b0038810_16321481.jpg
連日40度を超えるヒートが続いているパース。
先日お友達のおうちでとっても涼しいデザートの白玉団子をいただいてから、
なんだか私もつくってみたくなっちゃいました。

でも、おうちには白玉粉がなく、もち米粉しかないの・・・。

ひとまず、同じ分量で、同じ手順で作ってみたら・・・タッラッタターン♪
同じようにできちゃいました!

今回は以前、母が送ってくれた、ゴマきな粉と手作り黒蜜を混ぜてつくってました。
ハビーもちょっと喜んで食べてくれました。

【白玉風だんご材料】

もち米粉 1カップ
お水    100cc

【作り方】
材料を混ぜて、一口大の大きさに丸め、沸騰したお湯で浮いてくるまで茹でる。
浮いてきてから1分ぐらい我慢つよく待ち、すくい上げたお団子を氷水にいれ冷やす。
余り長く冷やさないように・・・。
あとは、お好きなようにお食べください。
[PR]
by shania2004 | 2012-01-30 16:07 | Recipe/保存版レシピ
::: 胸郭出口症候群 (thoracic outlet syndrome) :::
12月初旬から右手、右腕の痺れ、腫れが続いていた私。
お箸も使えず、何ももてない状態だった。
RSI(腱鞘炎)だとばっかり思っていたので、
GP(医者)に通い、鍼治療を数回、ボウエンセラピーなるものもためし、2週間の年末年始のお休みによくなり始め、しかしながら、仕事が始まるとまたぶり返し始め、本当にイライラ。

会社の同僚も同じような症状が出ていて、彼女に進められCurtin大学内にあるPhysio Therapy Clinicに行ってみたところ、いろいろなテストのあと、首と第一肋骨の付け根が胸の筋肉の衰えのせいで神経を圧迫しているということなのだ。

日本語だと、胸郭出口症候群 (thoracic outlet syndrome)のようだ。

とにかく姿勢をよしないといけないらしく、毎日気をつけている。
すぐには直らないので、根気よく付き合うしかないらしい。

今日も、掃除機をかけてみたが、その後、手と腕が痛い。
神経からきているので、神経を伸ばすような動作をするとかなり痛みが走る。

皆さん、姿勢、気をつけてくださいね!
[PR]
by shania2004 | 2012-01-29 17:29 | Diary/日記
::: オーストラリアデー :::
待ちに待ったオーストラリアデーの休日。

フィオナに、ビーチで朝食しに行こう!と誘われていて、私もお友達が泊まりにきていたので、みんなで朝から、フィオナ、ジューン、康子さんとひさのちゃんとジューンのお友達家族でトリッグビーチへ。

途中、テイクアウトでマクドナルドの朝食を買い、ドライブすること30分。
まだ8時前だというのにビーチには人がいっぱい!

今日は40度以上になる予報が出ているので、みんな早いうちから来てるんですね。

さて、ビーチに着き、私はてっきりテーブルと椅子を探し、みんなでご飯を食べるのかと思いきや、そのまま波打ち際まで直行!しかも日陰などなし。。。

日本人勢唖然となり、3人は日陰のできているところで別行動で食べることに。
でも、砂が・・・。いっぱいなんです!当たり前だけど、風も強いし、砂だらけだし、ハエもたくさん。

もちろんオーストラリア勢はのんびりとビーチにタオルをひき当たり前のように炎天下で食べてます。

あああ、考えが甘かった日本人勢。カルチャーの違いをまじまじと体験したオーストラリアデーでした。

フィオナに、ごめん、考えてたことがぜんぜん違ってたと伝えてみたら、思いっきり笑われた。
ご飯を食べた後、オーストラリア勢は海に入っていき、日本人勢は椅子のある木陰まで移動。
そこから海を眺めおしゃべりをしてました。

b0038810_17155872.jpg
b0038810_17164419.jpg


夜はAshfieldの花火大会をみに行く予定が、みんなでジントニックを飲み始めたせいでめんどくさくなり、家から花火を見ることに。
花火が始まるや否やすごい雷と雨。ラッキーでした。家でみてて。
[PR]
by shania2004 | 2012-01-26 23:06 | Photo Album/写真館
::: 学校で何を勉強してきたのか?「ホテル・ルワンダ」 :::
今日は友達のフィオナに借りたDVD「ホテル・ルワンダ」という映画を見た。
1994年、100日以上続いたツチ族とフツ族のルワンダ紛争の映画だ。

この映画のモデルになったのは当時、国連「UN」の会見なども開かれた「オテル・デ・ミル・コリン」というホテルのマネージャのポール・ルセサバギナ。彼の目から見るルワンダ紛争のすさまじさを映画化したものだ。
1200名以上の難民を自分が働いていたホテルにかくまったポール。この人すごい!
1994年というと私も学生だったが、こんなの習ってない!
というか、多分「大学入試には出ない」ため学校では教えてくれなかったのだろう。
余りにも自分の無知さに腹がたったな・・・。

そもそも、フツ族とツチ族に分けたのはルワンダを植民地としていた「ベルギー」。
見てくれで上層階層と下層階層にわけちゃったからこんな問題になっちゃったんよね。。。

こういう紛争を経て難民となった方々もオーストラリアにたくさん住んでいる。
第二のチャンスをもらった彼らは、心の傷を抱えながらも死に物狂いで勉強し、仕事をし、たくましく生きている。

機会があったら、ぜひ見てみてください。
もっと勉強しなきゃね。

ちなみに、こんなドキュメンタリーもYoutubeでUPされてます。
ルワンダ虐殺を振り返る (1/5)
http://www.youtube.com/watch?v=MVXM4j89Q-w&feature=related
[PR]
by shania2004 | 2012-01-08 22:24 | Movie/Drama:映画/ドラマ
::: 2012年 新年会 :::
ハビーは元旦のお祝いをしない人種なので、年始は、なにもなくすごし。お雑煮もなにもなかった私。
ちょっとさびしい思いをしたのですが、
お友達の盟子さんが新年会に呼んでくれました!!!

しかも出向いてみたらとっても素敵なんです!!!
見てください。このテーブルセッティング。
和、和、和!やっぱいいですね、日本文化は。


b0038810_1655418.jpg
b0038810_16552467.jpg


しかも、テーブルの上にはすでにかわいらしいお重がそれぞれおいてあります。
1段目をあけると・・・。

b0038810_16563768.jpg


2段目もあけちゃいました。

b0038810_16571498.jpg


中身もいろいろなものがビッシリと入ってます。
そしてどれも手作りなんですよ。感激!

ひとまず、お屠蘇からはじめます。
若い人から杯を回し、一回りしたら、一回り大きな杯に変えるというのを3回します。
今回はチョウヤの梅酒で乾杯。もちろん、バリーも参加。

b0038810_16583368.jpg

b0038810_170129.jpg


大阪出身の盟子さんは、関西風のお雑煮を作ってくれました。
とっても美味しかった!新しい漆の器も素敵です。

b0038810_1713550.jpg


お重とお雑煮だけではなく、天ぷら、煮豚、五目豆まで出てくるんです。
いったい盟子さん、どんだけ用意してくれたんでしょうか?

b0038810_1722153.jpg


最後にマンゴープリンと白玉団子が出てきました。
白玉団子はもっちり、シルキーで美味しかった!

b0038810_1734171.jpg


盟子さん、たくさん美味しいお料理をつくっていただいてありがとうございました。
また今年もよろしくお願いいたします!
[PR]
by shania2004 | 2012-01-06 23:52 | Photo Album/写真館


画像一覧
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル

モーリシャスのチャイルドサポート募金