Slow life, Perth life
by shania2004
<   2004年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧
::: Trip to Albany & Dryandra :::
Mercedes, Graham, Sunitha and I are planning to go and visit Albany and Dryandra for 4 days from 10/12/2004-13/12/2004. It will be the first and last trip with Sunitha for me because she will be leaving Perth after that. I am a bit sad because all my friends are going somewhere... But the trip will be really fun. I am so excited about this trip!!! I will upload the image after the trip.
[PR]
by shania2004 | 2004-11-30 00:48 | Travel/トラベル
::: Day 5 Gross/mat serface:::
【7pm-9pm】
GrossとMatフィニッシュを効果的に使うために、部分的にアクリルベースのVarnishを塗る。2度塗り。

【Contact】
Annaにメール返信済み。金にGallery visit&作品持参を希望。
Skydoorから連絡あり→貸しギャラリースペース閉鎖のため、使用不可。
[PR]
by shania2004 | 2004-11-29 22:39 | My Art/制作活動
::: GADFLY Galleryから連絡あり :::
本日はパーティーと仕事があったため制作の時間はなし。
ただし、画材等を日曜大工店にて購入。

GADFLY GalleryのDirector、Annaから連絡があった。
もう少し作品を見せてほしいとのことだ。
ほかのギャラリーからはまだ連絡が無い。

【Must Contact】
GADFLY Gallery (Dalkeith)→ 9386-8369(ANNA)

【Bought】
Acrylic Filler, acrylic based varnish
[PR]
by shania2004 | 2004-11-28 23:46 | My Art/制作活動
::: 継続ということ :::
午後、友達のBenから電話があった。私のペインティングを来週にでももってくるとのこと。さて、Benとは大学編入時からの付き合いだから、なんともう2年以上にもなる。
いつもアートについて話す相手の一人だが、かれのアートに対するパッションはすごい。

今日は、毎日でいい、自分の好きな事に費やす時間を30分でも1時間でも、たとえ5分でもいいから、持つ事が大事と二人で「継続」の大切さなんかをテーマに盛り上がった。そう、腰が重い私は一度絵を描かなくなると、とことん描かなくなり、そしてストレスがたまって爆発する。先日ECUのGradShowに誘ってくれたのも、Benだし、昨日からまた絵を描き始める動機を与えてくれた人の一人でもある。

ありがたい。今日は、夜から仕事だが、その前にBunningsにFillerを買いに行こうとおもう。

【Benアートギャラリー情報】
SpECtrUm
Gadfly Gallery
[PR]
by shania2004 | 2004-11-27 15:38 | Art/アート関係
::: Day 2: Building up foundation :::
【Day 2】

11am-12pm
Building up foundation for the base.
Need acrylic filler for the textured area. (Must get today before work)
b0038810_14592979.jpg


【Must do】
Contact Shelly (Can't get hold of her...too busy)
Lots of ink drawing for getting ideas.

【Must get】
Acrylic filler tubes
Gloss varnish (Acrylic based)

【E-mailed】
GADFLY gallery in Dalkieth
[PR]
by shania2004 | 2004-11-27 15:12 | My Art/制作活動
::: Day: 1 新しくスタートしました! :::
【Day 1】

さて、ひそかに帰国までに展覧会を開く野望を持ち始めたわたし。好きなだけ、好きな事をして帰ることにします。というわけで、その一つが制作。

本日制作開始しました。未完成のペインティングもタッチアップしながら、シリーズで仕上げようと思ってます。テーマは「Untitled」で。レーベルをつけるのは嫌いなので、すきなように解釈してもらいます。ただ、どうか、Abstract(抽象画)の場合は見るよりも感じてください。その奥にあるものを。
b0038810_21454987.jpg


と能書きは後ででもいいですね。
なるべく毎日ご報告できれば幸いです。
着々と進めて行こうと思っているので、逐一ご報告いたします。:)

【連絡済みギャラリー】
①東京都青山にある「Skydoor」というギャラリーにメールで問い合わせ→連絡待ち
 2005年5月以降のグループ展開催希望。参加アーティスト: Titan Laurent & Me +α(←興味のある方ご連絡ください。)

②Subiacoにある「free range studio & gallery」にメールで問い合わせ→連絡待ち
 2004年12月~3月にかけて個展を開催希望。

【Contact】
Shellyに連絡→「The Kurb Gallery」の連絡先を入手する。(メールでは問い合わせ不可。)

【Must do list】
「名刺」のデザイン。(12月中)
「個展ちらし」のデザイン。(時機を見て)
[PR]
by shania2004 | 2004-11-26 21:42 | My Art/制作活動
::: Graduation Show 2004 @ ECU Mt Lawley Campus :::
b0038810_1140441.jpg
b0038810_11402339.jpg
本日はECU大学のGradShowに行ってきた。久々に、もとクラスメートたちとキャッチアップできて、幸せ!いろいろな情報交換をしてきた。みんながみんな、Helpful。本当にすばらしい。クラスメートは卒業後、それぞれの道を歩んでいる。Chermainは2人目の女の子を妊娠中。あと3週間で予定日だそうだ。Shelly、Jennyも来年早々、Kurbギャラリーにてグループ展を開催予定。Shellyはペインティング、Jennyはインスタレーションを制作予定。
arronは絵を描きながら、Artrageでテクニシャンとして働いている。Kimはお母さん業を続けながら子育て、仕事、絵を両立させている。Ellenは家で絵画教室を開き、子供たちに絵を教えている。アートで生活を立てていくのは大変だが、それでも、アートの中でがんばって生きている人たちが多いこと。

ひとつ気が付いたのは、自分が制作活動からすこし遠ざかっているということ。仕事をやめ、制作に打ち込める時間があるのに、どうしてだろう。そう、絵を描かないと、自分が嫌いになってくる。それは目に見えて分かる事。確かに、今の自分が嫌いになりつつある。また見えない罠にはまりつつあったのだ。

ゆうべTitanが泊まりに来て、痛いほどそこを指摘された。「Yes, mummy・・・」といった心境。

今日、早速、新しい作品を始める予定だ。そして、私も来年の帰国までに個展を開いてみようと思い立った。
私は、「無」を描く。ただJOYと精神統一が一緒になったような作品が多いし、見た目では言葉にたとえられるオブジェクトは絵の中に存在しない。文字を使うのは嫌いだし、たくさんのExplanationをつけるのも嫌いだ。全てIntuitiveな作品である。ウェブログに制作記録を残していこうと思う。
[PR]
by shania2004 | 2004-11-25 23:48 | Art/アート関係
::: Noの哲学 :::
なんじゃこのタイトル、と思っている方、多いかも。そう、Noというにも哲学が存在すると思うのだ。(私流だが・・・。)

まず、なににNoというべきか。「NO」を知ることが大事だ。

自分の中には相反する、二つが存在している。それは、「悪魔(敵)」と「天使(味方)」である。
「悪魔」の声はうるさいほど聞こえてくる。あまりにも強く、しっかり聞こえるので、その言葉に促されて負けてしまう人間が多いのだ。たとえばやりたくない仕事を続けている中、「辞めちゃダメ、金どうすんだよ!」とか、「家族がいるだろ、みっともね~だろ!」とか。。。

しかし、静寂のなかで一度、耳を澄ましてみよう。「天使」の声は小さいし、遠慮がちに聞こえるが、ものすごく自身の「癒し」をたすける力を持っている。たとえば、その声は、「自分に正直になって、転職しなさい!」とか、「かっこつけることは無い、家族はいつも味方なんだから」とか。そしてこの小さな声こそが自分を幸せに導いてくれる本当の声なのだ。

悪魔は天使の声を掻き消すように常に存在している。
その言葉に、「No」といえるようになったときにこそ、自分自身の幸せをつかむ事ができるのだ。

そもそも、人生に意味などない。だから、恐れるものは何も存在しない。「恐れ」を生み出しているのは、あくまでも自分の想像の中、頭の中でしかないのだ。一番大事なのは、幸せに生きる事。ストレスを抱えながら死んでいくことは無い。無理もすることはない。そして、「幸せ」を覆す全ての言葉に「No」といえるのは他でもない自分自身だけだ。
離婚がどうした、転職OK、浪費が何だっていうんだ!天使の声を聞いてみたら、全てがいいほうへ導かれていることに気が付く。他人からみたら、それは「自分勝手」に思われることでも、結局他人には、自分の幸せは作れない。つまり、その小さな声を聞いて、納得のいく決断をすれば、全てが結果オーライなのだ。
だから、勇気を持って「No」と言ってみよう!もっともっとすばらしい道がその先に広がっているのだから!
[PR]
by shania2004 | 2004-11-24 23:52 | Thoughts
::: 【祝永住権取得】パーティー! :::
とても大事な女友達の永住権がやっと降り、日曜日はお祝いのパーティーにお出かけしてきます。彼女と出会ったのは、2年前のパースへ向かうバスの中、偶然の出来事。いつも色々な相談に乗ってもらったり、心配してもらったり、常に温かい励ましの言葉をいただいたり、ありがたく思っております。ビール好きの旦那さんバリーのオヤジギャグもしばらく聞いていないので、楽しみです!パースに来て得た一番大切なものは、友達です。それも、単なる友達ではなくて、「Fate」を感じる友達たちです。これからも、すえながく宜しくお願いします。そして、「永住権取得おめでとう!」。日曜日に乾杯いたしましょうね。(パーティー報告もお楽しみに!)
[PR]
by shania2004 | 2004-11-23 19:19 | Photo Album/写真館
::: メルセデス・ベンツ社製、エコバスパースに登場! :::
昨日から、夏が突然やってきたようだ。それまでは肌寒い日が続いていたが、それも、もう終わり。じりじりと照りつける太陽の日差しが、肌に痛い。

本日の学校帰り、いつものバス887がなぜかEcoBusだった。しかも、マルチライダーの機械、支払い用の機械をまだ取り付けていないようで、「Free bus, get on!」と運転手さんに促され、乗客はうれしそうに乗り込んでいた。

Ecoバスとは水素と電気を燃料として使ったバスである。日本でもエコカーがあるのと同じだ。これをキャットバスに使用され始めたのは今年の10月にはいってからだろうか。

ここ、オーストラリアパースでもガソリンの値段が上がっている。今では$1/L以下になることはほとんど無いくらいだ。スーパーでも$30以上の買い物客にガソリン値引きのクーポンを渡すことで、大盛況なくらいだ。

名前はエコバスでも、なんとメルセデス・ベンツのエンブレム付き。しかも、中のシートの背もたれ後部にもしっかりとMercedes Benzとマークが付いていた(笑)。
[PR]
by shania2004 | 2004-11-22 19:47 | Travel/トラベル


画像一覧
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル

モーリシャスのチャイルドサポート募金