Slow life, Perth life
by shania2004
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:Thoughts( 58 )
::: 歳? :::
誰でも一日一日歳をとる。
精神年齢、体力年齢、内臓年齢、細胞年齢といろいろある。

どこが歳の取り方を加速させるのか、それもと緩やかにさせるのかの分かれ道なのか???

たとえば、FaceBookをしないというにもいろいろな理由があるだろう。

1. めんどくさい、どーでもいい。
2. みんなが使ってるからって、使いたくない
3. 人とつながりたくない
4. 個人情報が漏れるのが不安
5. 別に投稿するものもないし、伝えることもない。

始めてみて、上記のような理由で使うのをやめた人と、最初から、上記の理由でやらない人だとしたら、前者は歳をとってもボケづらいし、後者はボケやすい。
好奇心は脳に刺激を与えて、活性化するけど、やらない人は活性も何も、始まらない!
人間好奇心と冒険心を失ったら、終わりだ、ってこと。

意識のもち方の違いで、精神年齢も、体力年齢も、内臓年齢も、細胞年齢も歳をとっていくかどうか分かれていくのだろう。

[PR]
by shania2004 | 2014-03-30 23:16 | Thoughts
::: 印刷された記憶 :::
桜の季節だ。
オーストラリアにすんでいる自分にとっては、桜の季節とか、紅葉の季節とか、そんなものはない。
でも、海外に住んでいて、唯一日本に思い焦がれる季節が春。

あちらこちらに、やわらかいピンク色でそまるこの季節。
この季節に必ず思い出す思い出がある。

うちのひいおばあちゃんの満面の笑みの白黒写真と、昔の彼と行った石神井公園の夜桜。
ひんやりした空気さえ、よみがえる。

そして、来年もまた思い出すんだろうなぁ。
記憶にしっかりと印刷されてしまったこの思い出。


[PR]
by shania2004 | 2014-03-20 18:00 | Thoughts
::: カルマ - Karma :::
最近、口癖のようによくでることばがこれ。
This particular word comes out frequently.

カルマ。
Karma

輪廻転生を信じないキリスト教徒は普通信じないのかもしれないけれど・・・。

全て自分に戻ってくるんです。いいことも悪いことも。
Whatever you send comes back!

ということで、みなさんプラス思考でいきましょうね!
マイナス思考だと、マイナスが返ってきちゃうもの。
Be positive always! If you send negative thoughts, negative stuff comes back!

ということで、今週も元気に行きましょう!
So, let's start first day of the week positive!
[PR]
by shania2004 | 2012-08-27 00:37 | Thoughts
::: 人間分類 :::
人間は大まかに以下の3つに分類されるらしい。
どうも、Neuro Linguistic Programming Systemを利用し、分類していくらしいのだが、自分はどこに分類されるんだろうか?

何が分類の指標になるかというと以下の5つ。
①Voice(声のトーン、話す速度)
②Posture(姿勢)
③Breathing(呼吸の仕方)
④Language(言葉の使い方)
⑤Dress(服装)
あなたは、A、B、Cのどのタイプ?またあなたの彼はどのタイプ?

①Voice
A. どちらかというと高い声、早口で話す
B. 声のトーンが上下するタイプ
C. 一定のトーン、低い声で話す

②Posture(姿勢)
A. 前のめりの姿勢、歩く速度は早い。
B. 顔だけ前に出ているが、なで肩。鼻歌を歌いながらノリノリで歩くこともしばしば。
C. ドスドスと歩く

③Breathing(呼吸の仕方)
A. 肺やのどで呼吸している(胸が上下)
B. 腹式呼吸(おなかが上下)
C. 死んでいるのか?とおもうくらい静かに呼吸

④Language(言葉遣い)
A. ルックス、新しい服などをほめられると喜ぶ。
B. 話を真剣にきいてもらうのがうれしい。
C. 共感してもらうことがうれしい

⑤Dress(服装)
A. どこに行くにも化粧は欠かせない。冬場、多少寒くてもパーティーには薄手のワンピースとハイヒールで出かけないと気がすまない。
B. 機会と場を選んで臨機応変に服装を変えるタイプ。家ではジャージでもOK。もちろん、仕事には一応化粧をしていくが、休みの日などの予定のない日はどうでもいい格好ですごしても平気。
C. 化粧はほとんどしない。とにかく着心地のいい楽な服が大好き。見た目はどうでもいいかも。


◎Aが一番多かった人
Visual(視覚)人間

◎Bが一番多かった人
Auditory(聴覚)人間

◎Cが一番多かった人
Kinesthetic(感情)人間


このシステムで分類された結果をビジネスシーンに適用したり、教育に適用したりしていくといいらしい。人間関係にも多大な影響を与える。人間の本質を見抜くことで、感情的にならず理解できることがたくさんあるからだ。

恋人同士や夫婦で試してみては?お互いがどの分類に属するかで、二人の関係の中でお互いが何を重要視しているのか理解できやすくなる。
[PR]
by shania2004 | 2010-10-04 23:14 | Thoughts
::: Where does the emotion end up? :::
I sometimes feel really strange about human emotion.
Where is it going? Is it connected to another world?
Or it just dies at the same time we drop our emotion on something else?

Through my recent reaing, few books made me think about it. Especially separation from loved ones. That might be associated with death, or just break up, or divorce, miscarriage, abortion or might be something else.

How you react on seperation is totally depending on the person.
And the reaction would change in various way depending on age or gender or cultural differences as well as their personalities.

Mmmmn, so interesting we have life in the same planet.
but everyone is so different.

Emotion might be end up going really deep end of yourself.
It sits in side you, like a little box with a paddle rock so that no one can open it except you.
And off course you are the only one holding the key to open and put things inside so that you have no longer aware of saddness, anger, joy, happiness, exaustion or stress etc, etc...
And every once in a while you open it with/without caution and that brings back all the emotion from your previous experiences.

Anyway I am thinking about this box a lot recently.
[PR]
by shania2004 | 2007-02-19 23:55 | Thoughts
::: Matsue's Memory over The Great Kanto Earthquake :::
今日はNZ留学以来十年来の女友達が浅草からはるばるやってきた。
「明治の女プロジェクト」というようなものを進めているのだが、口述形式でその当時を生き抜いてきた老人にスポットを当ててインタビューをしているのだ。

My old friend came to visit me and my great grandma from all the way from Asakusa, Toyko.
She is holding a project on Meiji-era born people by interviewing and talking over about the history they have lived.
Her past away grandma was also from Meiji era. She used to listen her grandma's story when she was very little but she couldn't understand much about it at that time. She now says she can understand what her grandma was seeing and feeling at that time because she has now grown up enough to comprehend. She also says she wants to keep the story for others somehow to remail the fact of days they have had lived.
The fact never comes out on the surface and hidden deeply under the history book.

うちのひいおばあちゃん「田中マツエ」も明治39年生まれの御歳100歳。
今年6月25日の誕生日を迎えると101歳となる。

My great grandmother Matsue Tanaka was born the 39th year of Meiji period. She will be 101 years old in this June 25th.

「明治生まれ」ということで、友達のプロジェクトにちょっぴり参加することとなった。

Meiji era born Matsue become to join my friend's project this time.

東京都の千住、荒川の河川敷にある縫製工場で働いていたひいおばあちゃんは19歳のときに「関東大震災」にあった。
当時は同じように地方から働きに出てきた少女たちと一緒に工場が持っている寮で寝泊りをしながら楽しく働いていたようだ。


As I was listening her talking like interview, I could see what was my great grand mother was doing at the Great kanto Earthquake.

She experienced that earthquake when she was 19 years old.
She was working at a fabric factory in Senju, Tokyo near Arakawa river.
She says she was living in the domitory of the factory with young girls like her from district area near Tokyo.

「あのころは本当に楽しかった。。。」

She says "It was so fun at that time..."

縫製工場の会社名などの記憶が消えていく中でも鮮明に覚えている「楽しい」記憶のひとつに違いないだろう。

She remembers the feeling of "Fun", as she forgetting so many memories as she lives along. She doesn't even remember the name of the company she was working at that time.

震災にあったときは本当に怖かったらしく、栃木県から父親が迎えに来た際に一緒にあるいたちょっとした道でさえ、川に見えてしまうほど、精神的にもダメージが大きかったとのことだった。

She said she also remembered the fear of death being in the centre of the earth quake, and she was seeing a scarely river even she was actually seeing a little narrow path she walked with his father who came to pick her up all the way from Tochigi in the evening by train and on foot from the nearest train station.

以前、私に語ってくれたときは、関東大震災の際、ひどいやけどを負った人たちが荒川に水を求めていき、川は真っ赤に血に染まるほどで、河川敷もやけどや負傷を負った人たちでいっぱいだった。水を飲んでは死んでいき、ひそかに「朝鮮人が毒を川に流した」というようなうわさ、そして「地震のあとに朝鮮人が火をつけていった」といったうわさも流れていたと聞いてきたが、今回のインタビューではそういったことは忘れてしまったようだ。

I remembered that my great grand mother was saying before she forgot manythings. She said she saw so many wounded/ burnt people wanting andwaling toward the Arakawa river and soon after they drunk the water, they died. A riverbed of Arakawa were full of evacuated people and the river water was dyed almost red with blood with wounded people.
Some rumor was around like, "Chosenjin (Korean) poisened the river water" and "Chosenjin put the fire after the earthquake."
I think she released the details from the memory but the fear of Chosenjin.

人種差別も今よりもなおいっそう深くあった時代だったからなのか、今回のインタビューをしているのを聞いていて、とても印象に残ったことがある。

震災直後、北千住と南千住のそれぞれの荒川の河川敷にある避難場所に集まっているときに、「静かにしてないと、朝鮮人が来る」といわれ、怖かった思い出があったということだ。
とにかく「朝鮮人への恐怖」というのが、相当あったということだった。

「朝鮮人」に関する当時の偏見は相当のものだったとうかがえる。そして、100年という記憶のなかで鮮明に覚えている箇所を何度も何度も「朝鮮人が来る」という言葉を発する、ひいおばあちゃんの言葉に哀しみを覚え、そして無知の怖さを思い知らされた。

I suppose that the prejudice of Chosenjin were so deep at that time.

I was born in Showa era. Meiji, Taisho, Showa and now we are living in Heisei era.
I understood the sadness and irony of ignorance of humanbeing by her word "Chosenjin comes."

私は、昭和の時代に生まれ生きているが、明治、大正、昭和、そして時代が平成に変わった今でもなお続く人種差別、偏見の根強さを考えさせられる。
[PR]
by shania2004 | 2007-01-13 22:05 | Thoughts
::: 不良老人 :::
団塊の世代が退職となる今年から、元気な老人が増えるだろうと思われる。
うちの一家も、例外じゃない。
といっても、とっくに退職になってはいるが、元気、元気、本当に元気。

ここ一週間以内でうちのおじいちゃんおばあちゃんは交代でパチンコに出かける。
しかも、数時間のパチンコという甘っちょろいもんではない。

行ったら、最後、蛍の光近くまで居座ることもある。
帰ってくると、「海物語」の話、「美空ひばり」の話、「桃太郎侍」の話など、
「カクヘン」がどうのこうのと始まる。
私にはまったくわからない内容。

年金をパチンコで増やし、減らす我が家の不良老人。

本当にすこぶる順調。
[PR]
by shania2004 | 2007-01-07 16:31 | Thoughts
::: Difference between friends and boyfriend :::
I was talking to Jane today about what have I been doing recently.
I talked to her about little arguments I had with my boy and finally Jane said I am hard woman...
She said I am

今日、ジェーンと「最近どうよ?」話していたが、
最近彼としたちょっとしたアーギュメントについて話してみた。
すると、ジェーンが言うのだ。
「それ、カチカチ難しい女すぎ!」と。

"HARRRRRDDDDD WOOOOMMMAAAN."
「む~~~~~~~ずかし~~~~女!!!」

OK, enough...
もう、説明は十分。

Well she says that I see things too black or white. So precise.
Most of things are gray she says.
OK. gray things...

ジェーンが言うには白黒ではないものもたくさんあると。あまりにもはっきりさせすぎだと。
大抵のものはグレーなんだよ、と。
そうね、グレーね・・・。

For example, even I know what I want and what I don't want, it is all different from the relationship between me and friend, and me and BF.
Friends are friends. You do things together if you want to do. But I was seeing that with BF in the same way. If I want to do I want to do it doesn't matter with my frinends or my bf. If I don't want to do it I don't do it from the begining.

たとえば、もし自分でしたくないものがあれば、友人同士、恋人同士とかいった関係にかかわらず、最初からしないのだ。でも、友達なら、それでいいが、恋人となれば違うというのだ。
でも、今まで彼氏も友達も同じように見ていたわたし。
彼氏であってもしたくないことはしないし、したいことがあればする、と思っていた。

Then Jane said.
そこで、ジェーンはこういうのだ。

Well the whole point is spending time together right? Understanding each ohter and sharing time together.

だって、付き合うって、「一緒に時間をすごすってことじゃないの?」お互いのことを理解して、お互いの時間を分かち合うことじゃないの?って。。。

Then I was so impressed that what she said.
It is so true, I had never seen things like this. I guess I was eating my ex so much before because I didn't change anything and wanting him to change, not giving alternative suggestion or anything because I was too black and white about the things.

そのことばに少しだけ感動!(ウルウル)。
そうね。そのとおりね。ワタシはそんな風に今まで見たことが無かった。
きっと以前の彼氏もそうやって、追い詰めていっていたのだろう。
自分が変わることなく、しかも他の手立ても与えずに、相手を変えてしまっていたのかもしれないのだ。だって、わたしはあまりにも白黒さんだから。

I think I had a good lesson by talking to Jane today.
Thanks Jane.

今日はいいことを学んだ。ジェーンと話せてよかった。
ありがとう。ジェーンさん。
[PR]
by shania2004 | 2006-03-01 14:08 | Thoughts
::: Sick :::
I have been sick for a long time, I guess I need to have time off by myself.

I decided to have my own time today and uploading this data from home.
I will do a bit of painting this afternoon and take it easy...
My throat is still sore...

I went to see a doctor yesterday and he told me to keep warm.
Yes our house is not really warm and it is still cold in JAPAN...WINTER will be over soon but it doesn't happen so quickly like in OZ.
[PR]
by shania2004 | 2006-02-25 13:35 | Thoughts
::: Hey Buddie, よう、バディー! :::
I am a bit lonely because all of my buddie's gone back home...
YES I know that I am working even on New Year's Eve or day.
It doesn't really matter about the days, it matters that I don't have anybuddies to hang around with...

SAAAAAAAD...sometimes.

何気に、とっても寂しがりやなのだ。
だって、みんな実家に帰っちゃうんだもん。。。つまらないのさ~。
大晦日だって、元旦だって、仕事だとは分かってるけどさ~。
何が何の日なんてのはどうでもいいのだが、

遊んでくれるバディーがいないのがさみしいなぁ・・・。
[PR]
by shania2004 | 2005-12-30 22:17 | Thoughts


画像一覧
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル

モーリシャスのチャイルドサポート募金